地下鉄名城線・東山線「本山」駅1番出口より徒歩1分 052-751-2525

〒464-0821 愛知県名古屋市千種区末盛通5-3 メディカルビル4階

  • 消化器内視鏡学会 専門医
  • 肝臓学会 専門医
  • 超音波医学会 専門医

愛知県名古屋市千種区の本山に開業した「はらたクリニック 内科・消化器内科」。内視鏡検査に強みを持つ。超音波(エコー)検査の専門医資格も所有。

胃内視鏡検査

 

胃内視鏡検査とは

胃内視鏡検査とは、いわゆる胃カメラのことで、先端に高性能なカメラをつけた細い管を、鼻または口より挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。
当院では、NBI(Narrow Band Imaing:狭帯域光観察)を搭載した最新の内視鏡システムを導入しています。NBIでは粘膜表層の毛細血管や表面微細構造が強調表示され、がんの早期発見につながる技術として広く認知されております。

当院の胃内視鏡検査の特徴

一般的には、口から内視鏡を挿入するより、鼻から挿入した方が苦痛が少ないため、基本的に当院では鼻から検査を行います。当院で使用する内視鏡は直径5.8mmです。
ただ口からの検査をご希望の方は、もちろん口から検査も行えます。
また、眠った状態での検査をご希望される場合も対応致します。

お電話での予約も受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。


 

検査前の注意点

・常用している内服薬がある方は、事前にご相談ください。抗凝固剤・抗血小板剤(血をさらさらにする薬)、糖尿病薬などは一時的に中止したり、飲み方を変更していただく場合があります。

・検査前日21時以降は食事を摂らないようにし、早めに就寝してください。水分(スポーツ飲料・お茶など)は21時以降も飲んで構いません。ジュース・牛乳はおやめください。

検査当日の流れ

・検査予定時間の1時間前までは、水分(水・お茶・スポーツ飲料など)は飲んで構いません。ジュース・牛乳はおやめください。
・検査予定時間の10分前に来院していただき、最初に胃の中の泡を消すお薬などをのんでいただいた後に、鼻または喉の麻酔を行い、内視鏡検査を行います。検査時間は通常10分前後ですが、必要があれば延長することもあります。
・検査後については、検査終了1時間後にうがいをしてむせ込むことがないようでしたら普通に食事をしていただいてかまいません。タバコも検査後1時間経つまでは控えてください。
・精密検査のため追加で組織検査を行った場合は、検査後2時間くらいあけてから、お粥やパン、うどんなどの消化の良いものを食べてください。当日のアルコール摂取は控えてください。

ページTOPへ戻る